News & Topix

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
昨日のニュースにて
 

就業者数、20年で最大845万人減少の可能性

読売新聞 7月23日(月)11時58分配信

 厚生労働省の雇用政策を議論する有識者研究会は23日、2030年の就業者数が2010年の6298万人から最大で845万人減少する可能性があるとの推計をまとめた。

 就業者数の減少は経済成長の妨げとなるため、政府が若者の就労や製造業への支援を行うことが必要としている。

 推計は、経済成長率がゼロで、働く女性や高齢者の割合が2010年と変わらないという条件で行った。一方、実質の経済成長率が2%程度を維持するなどし、女性や高齢者の就労が同年より進んだ場合の推計では、就業者数の減少は213万人にとどまるとした。

 同研究会は、子育て中の女性の就労支援や増加する高齢者の働く場所の確保などを後押しすることが重要と指摘した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120723-00000572-yom-bus_all


昨日のニュースです。2030年というと今から18年後。

今、就職活動されてる4回生だとちょうど40歳頃になります。

その頃の日本経済がどうなっているのでしょうか。

それはこれからの政策にかかっていますね。


どうしてもこのところ悲観的なニュースばかり流れてるような気が

してなりません。


将来を見据えた経済政策をして頂きたいですね。




JINZite | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|スポンサードリンク | 09:19 | - | - | pookmark |

Comment








Trackback


新規登録(無料)

マイページ ログイン

お問い合わせ

ご利用者の声

採用担当者の方へ

calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

search

entry

archives

category

profile

links

feed

mobile site

qrcode

others