News & Topix

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
就活の失敗

就活失敗し自殺する若者急増…4年で2・5倍に

読売新聞 5月8日(火)15時25分配信  


就職活動の失敗を苦に自殺する10〜20歳代の若者が、急増している。

 2007年から自殺原因を分析する警察庁によると、昨年は大学生など150人が就活の悩みで自殺しており、07年の2・5倍に増えた。

 警察庁は、06年の自殺対策基本法施行を受け、翌07年から自殺者の原因を遺書や生前のメモなどから詳しく分析。10〜20歳代の自殺者で就活が原因と見なされたケースは、07年は60人だったが、08年には91人に急増。毎年、男性が8〜9割を占め、昨年は、特に学生が52人と07年の3・2倍に増えた。

 背景には雇用情勢の悪化がある。厚生労働省によると、大学生の就職率は08年4月には96・9%。同9月のリーマンショックを経て、翌09年4月には95・7%へ低下。東日本大震災の影響を受けた昨年4月、過去最低の91・0%へ落ち込んだ。






昨日のニュースですが、非常に悲しいです。




学生との面接の際の悩みはなんですか?との質問に


「エントリーシートで落とされる、面接で落とされていくと

どんどん自分を否定されている気がする・・・」


というのを以前、お聞きしました。



また、周りが決まると焦りが出て、親にもいろいろ言われ、

どんどん精神的に追い詰められてしまうのでしょう。



以前、求職者には厳しい状況は続いておりますので、


今後、劇的に変わるとは言えないと思います。



これまで推薦入試で高校、大学に入られた方は、


ここまでの競争は初めてかと思います。



もちろんアルバイトの面接は誰しも1度は経験されてますが、


就職活動の面接とはやはり違います。



ひとつ安心して頂きたいのは必ず、自分に合った会社、

自分が成長、貢献できる会社はあります。



たまたま落とされた会社が非常に狭き門であったり、

ご自身の準備が少し足りなかったり、、といったところです。


諦めずに、視野を広くしいろんな会社・職種を見てエントリーしてみる。

そういったことも大切かと思います。



3年間での離職率が50%といわれる時代です。



「とにかくどこでもいいから入社する!」というのも大事ですが、


「自分に合った会社に入社する!」が大切だと思います。



ジンザイトではあなたに合った会社をご紹介できるお手伝いが

できればと思っています。




JINZite | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|スポンサードリンク | 13:24 | - | - | pookmark |

Comment








Trackback


新規登録(無料)

マイページ ログイン

お問い合わせ

ご利用者の声

採用担当者の方へ

calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

search

entry

archives

category

profile

links

feed

mobile site

qrcode

others