News & Topix

Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
親に相談
 いきすぎ「親子就活」 一緒に採用試験、人事に電話〈AERA〉
dot. 1月17日(木)11時36分配信


 近年、就活に関して親からアドバイスを受ける学生が増えているという。経験に基づく助言が得られ、親子の対話も増えるなどメリットがある一方、エスカレートしてしまう親もいるようだ。

「最近は、過干渉の話をよく聞きます。親が子どもの代わりにプレエントリーを勝手に済ませたり、子どもに確認せずに会社説明会を予約することもあるようです。なかには、合同説明会に同行する親もいるとか」

 そう話すのは、就職事情に詳しいHRプロの寺澤康介社長。こうした親は、子どもにどれほど負荷をかけているか自覚がない場合が多いという。

 行き過ぎた親の中には、企業がパソコンを使ってネット上で行う採用試験(Webテスト)を、子どもと一緒に解答しているケースまであるという。

 ある教育関連企業の人事担当者は、こう話す。

「どこでもくっついて来たり何でもしてあげてしまう親は、“ヘリコプター・ペアレント”に当たるのでは」

 米国などで、過保護すぎて子離れできない親を意味するこの言葉。クレームを吐き出すばかりのモンスター・ペアレントと違い、視線は子どもにベッタリ向けられている。

 また、選考で落ちた理由を電話で企業の人事担当に確認したり、大学のキャリアセンターに「いつ内定が出るのか?」とクレームを入れたりする親もいると大学関係者はあきれる。

※AERA 2013年1月21日号


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130117-00000003-sasahi-soci



昨日発信のヤフーニュースで掲載されておりました。

「モンスターペアレント」ならぬ、「ヘリコプターペアレント」



新しい言葉ですね。



ジンザイトに登録して頂いてる学生さんからも親御さんに相談してる

という話はよく聞きます。ジンザイトとしても、良い事だと思っています。


特に新卒・第二新卒で入社される方はこれまでアルバイトの経験しか

なく、一番身近な親御さんの方がより社会の事、また厳しさなどを

ご存知であること。


また、子供の幸せを一番に願っています。



ただ、この記事にあるように、過度な干渉はまた危険でもあります。


原因の一つには親の「過干渉」があり、また、子供の「独立心」不足も

あるかもしれません。




実は2010年の記事で、既にアメリカで問題になっているようです。


(MSN産経ニュースより)



社会にでると、自分の意見を持つこと、そして自分で判断・意思決定をしていく

ことが必要になってきます。



誰かに決められたレールに乗るのではなく、自分の興味のある業界、職種に

就職することで仕事に対するモチベーションも大きく変わる事と思います。



また、必ずしも自分が志望された業界や職種、会社に就職できなかったとしても

働いてみると意外な発見や仕事の面白さが見つかることも多くあります。



あくまで親御さんの意見は社会人の先輩として受け取り、ご自身で最終的に

決断し、エントリーをしていくことをジンザイトはおすすめします。





JINZite | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
そろそろ
 さて、1月も10日を過ぎ、そろそろお正月気分も抜けてきて

就職活動に本格的に動き始めているでしょうか?



現4年生でまだ内定が決まってない方は今月から3月までが

勝負の時ですね。



中小企業の求人・そして大手でも内定辞退などの人数調整で

採用情報がでたりします。



また、新4年生になる方も志望業種・企業の絞り込み、

自己分析の準備をされているかと思います。


4年生でまだ内定が出てらっしゃらない方や

もうどうしたらいいかわからない方など・・・



ジンザイトが内定までのお手伝いをさせて頂きます。



お気軽にご登録ください。






ご登録お待ちしています。





JINZite | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
就活イメージ
 「就活できない」就活生が急速に増加中




ちょっと文章が多いので、リンクを紹介します。
実際にこういったニュースも出てきました。



現実・・・でしょうか。



そしてこの記事の最後に決定的な結論が書いてあります。


そう、そもそもの問題は「就活しないから就職できない」のですから。

(最後の方、一文抜粋です)


情報が多く氾濫している中で、必要な情報を整理したり、

自分自身を見直したりする時間は必要かと思います。


ここ数年で就活も大きく変化していきましたが、

就職活動を粘り強く継続して行う。これがやはり基本ですね。





JINZite | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジンザイトの特徴について
 おはようございます。



寒い日が続いていますね。風邪、インフルエンザ、そして特に注意したいのが

「ノロウイルス」これにかかるとしばらく動けないのでうがい、手洗いなどを

しっかりし、体調管理には気を付けましょう。





さて、就職状況のニュースなどの記事を書いていましたが、もう一度、

ジンザイトの企業紹介の特徴・流れをおさらいしてみたいと思います。





【ジンザイトシステムの特徴】


その1 東海地区の元気のいい中小企業中心にご紹介致します。



その2 役員面接からなので結果は早く出ます。
    (これまで最短では2週間で内定のケースもあります。)


その3 適職・向いている職種などをアドバイス致します。



その4 もちろん、無理に企業へ押し込むことは致しません。



その5 表向きに求人が出ていない企業の案件も扱っています。


 




【企業紹介までの流れ】



1・・・ジンザイトにWEB上から登録して頂きます。
    



2・・・登録して頂いたメールアドレスに返信がきますので
   そちらの本文内、URLをクリックして頂いて、登録が
   完了となります。



3・・・登録後、ジンザイト面接のお知らせが届きます。
   そこで登録頂いた方の経歴・希望・想いをジンザイトが聞かせて頂き、
   1次面接と致します。また、適性なども見させて頂きます。
   (面接は毎月、1回から2回行っています)



4・・・マッチング作業を行い、企業へご紹介に伺います。
   そして企業より是非、お会いしたいというオファーを
   求職者の方へ伝えます。




5・・・採用情報・ホームページ・会社の情報をお伝えし、
   求職者の方が希望されたら面接のセッティングを致します。 




6・・・概ね、1回、ないし2回の面接で結果が判断されます。
   (※ほぼ役員面接スタートです)
   (※企業によっては適性検査を行う場合もございます)




7・・・不採用の場合、他企業へアプローチ致します。   





ジンザイトは現在、就活中でまだ内定が出ていない方や第二新卒の方を中心に

転職までサポートしています。

なかなか内定が取れない・就職活動に行き詰った方など、東海地区に

就職したい方であれば是非、ご登録ください。


お手伝いさせて頂きます。



(※尚、2014年卒の現3回生の方への企業紹介は2013年3月より
行いますので予め御了承ください)
JINZite | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サイバーエージェントの新卒採用
 サイバーがSNS「intely」で人材採用へ--ソーシャルメディア力で優遇

CNET Japan 12月10日(月)13時14分配信
 

サイバーエージェントは12月10日、2014年度の新卒採用において、ビジネスSNS「intely」を活用した「intely採用」を実施すると発表した。

 intelyは、サイバーエージェントがスマートフォン向けプラットフォーム「Ameba」上で展開するビジネスSNS。広告やITをはじめとした各分野の情報収集や発信、議論を目的としている。8月にベータ版を公開し、9月に正式サービスを開始。サービスは実名での利用を前提としており、DAU(1日あたりのアクティブユーザー)は1万5000人となっている。

 今回実施するintely採用に応募するには、intelyにアカウントを登録した上で「サイバーエージェント2014年intely新卒採用」のグループに参加する必要がある。同グループでの情報発信やほかのユーザーとの交流を通じて獲得したフォロワー数上位100名のユーザーに対して、通常より面接を2回減らした特別な選考フローを用意する。グループには社員約30名がメンバー参加し、intely上で社員への質問を受け付ける。

 intely採用は通常の採用過程では評価することが難しい、ソーシャルメディア上でのコミュニケーション能力や情報発信力を見極め、優秀な人材を発掘することが目的。「もちろんintelyの宣伝もある。だが、グループ面接やグループワークといったこれまでの採用では、声の大きい人に注目しがち。いかにソーシャルメディアで人を巻き込めるかなど、今までの採用だけでは分からなかった、優れた人材を発掘したい」(サイバーエージェント新規事業開発室 プロデューサーの渡邊大介氏)。

 また同時に、学生の増加により、intely内のQ&A機能などの活性化を狙う。「たとえば学生の質問に対して業界の先輩が回答するといった形で、Facebookとは異なるソーシャルグラフに育てたい」(渡邊氏)。将来的には、この仕組みを他企業にも提供していくことでの収益化も狙う。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-35025514-cnetj-sci




本日のニュースからです。
かねてからフェイスブックなどSNSお利用した就活が話題になっていましたが、
サイバーエージェント(以下、サイバー社)の新しい取り組みです。
フェイスブックと競合するのではなく、異なるソーシャルグラフにされるそうです。


intelyというサービス。私は知らなかったのですが、こちらに登録が前提。
その中でSNSスキルを採用の判断基準にするそうです。


最先端を行く、IT業界ならではの試みですね。
情報の共有化、発信力、新しいプラットフォームへの対応など、
サイバー社ならではだと思います。


また、この記事にもあるようにintelyというサービスの宣伝目的も
あるようです。ネットでは賛否両論ありますが、そこはサイバー社の
会員獲得の戦略なんでしょうね。批判的な意見も多数見受けられますが、
どうしてもサイバー社に入社したい!学生には朗報かと思います。


ちなみに2014年度の新卒採用で2013年度ではないようです。





JINZite | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3回生スタート
 12月より、現3回生の就職活動がスタートされました。


時期が遅くなったため、少しの焦りと、不安と、期待とが
入り混じってる心境かと思います。沢山の企業、職種を見て
情報を得、方向性を定めていく時期かと思います。


ジンザイトでは現3回生の面接・企業紹介は2013年4月以降より
行う予定です。
(※ご登録は可能ですが、面接・企業紹介は2013年4月以降になります)



現在、まだ未決定の4回生の方の企業紹介を行っています。
ご登録頂いてる学生には多くの悩みがあります。


●なかなか内定がとれない。
●どの仕事が自分に向いているかわからない。
●東海地区で仕事を就職を希望している。
●スタートに遅れて自信が無い。
●学校の単位も取得しなければならない為、就職活動に専念できない。



今、就職が決まらず悩んでいる4回生の方へ


東海地区の元気のいい中小企業を中心に、
一般では出ていない新卒・第二新卒向けの求人も
多数取り扱っております。


就活中の4回生の方、第二新卒の方、また転職希望の方。
是非、一度ジンザイトに登録してみてください。




(TOPページ右側の新規登録からどうぞ)





JINZite | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近の動向
大分、ブログをご無沙汰しています。


11月も半ばに入り、現4回生の方も内定率は6割を超えて
きているところでしょうか?


昨日のニュースでこんな記事がありました。 


<衆院選>就活生「もっと雇用を」

毎日新聞 11月21日(水)13時46分配信


衆院選に向け立候補予定者たちが走り出す中、「就職氷河期」に直面する大学生たちは厳しい就職活動を強いられている。就活を1年以上続けている人も多く、50社、60社へのエントリーも珍しくない。各党は競い合うように景気対策を打ち出すなど選挙に向けたPRに努めるが「政治が就職難を解決してくれるのか」とあきらめの声も漏れる。


 ◇数十社応募、内定ゼロ「選挙考える余裕ない」


 東京都新宿区のイベント会場で20日開かれた企業の合同説明会には、リクルートスーツ姿の就活生約1100人が集まった。


 宮城県登米(とめ)市の男子学生(22)は就活2年目。今春、大学を卒業した後は研究生として大学に籍を置き、都内の企業説明会に通う。アルバイトでためた金を取り崩し、往復2万円を超える新幹線代やホテル代を賄っているという。


 昨年は地元のIT企業など2社から内定をもらったが、いずれも取り消された。東日本大震災の影響なのかと思ったが、企業側からは「申し訳ない」と電話が1本あっただけ。今年はこれまで約30社に応募したが結果が出ない。「政治には景気を良くしてほしいが、今は選挙のことを考える余裕はありません」


 金融や不動産業界への就職を目指す東京都多摩市のアルバイト、斎藤秀平さん(23)は「ハローワークでは1人の求人に100人以上が応募する。政治家にはもっと雇用を増やしてほしいが、各党が就活生のためにどんな政策を取っているのかが分からない」と訴える。大学生だった昨年は約50社に応募したが失敗。1人暮らしで就活を続けるが経済的に苦しく、「電車賃がかさむ都心の説明会に行くのに、二の足を踏む」とこぼした。


 60社にエントリーし、まだ内定がもらえない埼玉県所沢市の大学4年の女子学生(22)は、来月の衆院選に投票に行こうと決めている。「たくさんの政党ができて、政治が動いているので関心を持つようになった。公約を見て、景気を良くして就活をスムーズにしてくれるような政党に投票したい」。メーカーへの就職を希望する東京都板橋区の大学4年の男子学生(22)は「投票には行くが、政治家は就職難を解決してくれない。自分で何とかするしかない」と話した。


 文部科学省のまとめでは、今年3月に大学を卒業した約56万人のうち、就職も進学もしなかったり、非正規雇用などの不安定な仕事に就いたりした学生は12万8224人(約23%)に上った。


 各地で企業説明会を実施している「学情」(大阪市)の瀬戸本浩司ゼネラルマネージャーは「今後も厳しい採用状況は続くとみられ、職業教育など恒久的な支援態勢作りが必要だ。政党は政局ばかりに力を入れるのでなく、若者のために協力して対策を取ってほしい」と話している。【古関俊樹】


(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121121-00000043-mai-soci)




今年の春、卒業者のうち約13万人が無職・非正規雇用の現状。

もちろん本人の意思もあるでしょうが、望んでいたけれども就職できなかった

学生も多数いるのではないかと思います。



衆議院が解散し、来月に選挙が行われます。

民主党政権が維持なのか、自民党が復活か、第三の政党なのか・・。




日本にある多数の課題をひとつひとつ解決し、日本経済の復活、

若者の雇用促進を促して頂きたいなと思います。


一方では年金の支給を遅らせ、定年退職者も働ける環境作りも

行いながらなので、相反する難しい課題だとは思いますが。

また、中国・韓国・ロシアとの領土問題もかかえており、そちらの

解決もせねばなりません。



是非、次の政権に期待したいですね。



新卒者の求人もあきらめず、活動をしていけば必ず、見つかるはずです。

ジンザイトもその架け橋になれればと思っております。




JINZite | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昨日のニュースにて
 

就業者数、20年で最大845万人減少の可能性

読売新聞 7月23日(月)11時58分配信

 厚生労働省の雇用政策を議論する有識者研究会は23日、2030年の就業者数が2010年の6298万人から最大で845万人減少する可能性があるとの推計をまとめた。

 就業者数の減少は経済成長の妨げとなるため、政府が若者の就労や製造業への支援を行うことが必要としている。

 推計は、経済成長率がゼロで、働く女性や高齢者の割合が2010年と変わらないという条件で行った。一方、実質の経済成長率が2%程度を維持するなどし、女性や高齢者の就労が同年より進んだ場合の推計では、就業者数の減少は213万人にとどまるとした。

 同研究会は、子育て中の女性の就労支援や増加する高齢者の働く場所の確保などを後押しすることが重要と指摘した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120723-00000572-yom-bus_all


昨日のニュースです。2030年というと今から18年後。

今、就職活動されてる4回生だとちょうど40歳頃になります。

その頃の日本経済がどうなっているのでしょうか。

それはこれからの政策にかかっていますね。


どうしてもこのところ悲観的なニュースばかり流れてるような気が

してなりません。


将来を見据えた経済政策をして頂きたいですね。




JINZite | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明けました
 さ、本日7月17日、午前11時、気象庁(各気象台)から

関東甲信、東海、近畿、中国・四国で梅雨明けしたと見られると発表がありましたね。




今日も外は真夏日でした。





ともなると、就職活動も少しお休みになる学生も多いのでは?




ずっと活動をしているとストレスも貯まりますし、


たまには開放的に気分転換もよいですね。



就職活動後半戦に向けて、いいスタートがきれるよう

リフレッシュも必要です。



またみんなが休みたくなる、この夏に活動を

するというのもひとつの手ですよ~。


とにかく、今年も節電の暑い夏です。

リフレッシュもくれぐれも事故・病気に気を付けて

して頂きたいと思います。





JINZite | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
どうなんでしょうか??
 

生活保護給付総額、3兆7000億円見通し

読売新聞 6月13日(水)12時0分配信

厚生労働省は13日、今年3月末現在の全国の生活保護受給者は、210万8096人(速報値)になったと発表した。

 同2月より1万695人増えて210万人を突破。60年ぶりに過去最多を更新した昨年7月から、9か月連続で過去最多を更新した。

 受給世帯も6897世帯増えて、152万8381世帯となり、過去最多を更新した。高齢者世帯が最も多く約4割を占めるが、就労意欲があっても仕事がないケースを含む「その他」の世帯も26万945世帯で、全体の約17%に上る。

 生活保護の給付総額は今年度、3兆7000億円を超える見通しで、この5年で約1兆円も増えている。

 生活保護を巡っては、扶養可能な親族がありながら、受給するケースなどが問題になっている。厚労省では、親族に生活援助が可能かどうかを確かめる扶養照会の強化や、働くことが出来る受給者に対する就業支援の充実などを柱にした制度改正を検討している。





yahooのニュースより。




就職の話題からは少しそれますが、某芸能人親族の生活保護費
不正受給問題から話は広がっています。


年に数回ほど、ニュースで今の日本でも頼る人が無く、食べるものが無く、
遺体で発見されたというニュースを耳にする以上、最低限のセーフティー
ネットとしては必要とは思います。


その反面、それを悪用したビジネスや、不正に受給しているのも
相当数いるのでしょう。年々、増加しているようなので。


真面目に働きギリギリで生活している者より、生活保護を貰う方が所得が多いというのは非常にまずいと思います。現物支給なのか、抜本的な制度の見直しなのか、、、早急な対応を期待したいところです。


もちろん、社会的弱者(障害のある方、重病な方、身寄りがなくスタートラインに立てない方など)にはきちっとフォローし、自立を促す制度にして頂きたいですが。



今の若い世代は年金も貰えないのでは?と言われています。これから社会で活躍される若い世代を応援する一企業として、国にはしっかりしてもらいたいと思います。





JINZite | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

新規登録(無料)

マイページ ログイン

お問い合わせ

ご利用者の声

採用担当者の方へ

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

search

entry

archives

category

profile

links

feed

mobile site

qrcode

others